【まるの新卒日記】第1弾

採用活動 新卒日記

名称未設定アートワーク

こんにちは。新卒のまるみです。
ズーティーに入社してからもうすぐ3か月が経とうとしています。
1日1日がとても刺激的で、濃い2か月半、感じてきたことを書いていきたいと思います。

人とのかかわり

これまで発送、商品管理、検品、店舗と研修をしてきました。
2週間や1か月の単位で一緒に働く方や場所、仕事が変わっていきました。
私は、新しいコミュニティの中に入ってそこに馴染むのにちょっと時間がかかるなと今までは思ってました。
学生の時、新しいクラスになってみんなと楽しく話したいんだけど、なぜかうまく溶け込めない、みたいな。
入社前、ちょっと不安に思っていたことでした。
でもこの短期間で一緒に働く人が変わっていくことや、朝礼でいろんな方とコミュニケーションを取ったりする機会がたくさんあったりして、いつの間にかその自分の殻に閉じこもってしまうような感覚がなくなってきて、新しい環境で初めて関わる方とのコミュニケーションを割と早い段階で楽しめるようになっていました。
私もそうなれるんだな、と。なんだか大人の階段をちょっと上った気分です。笑
でもそう思えた一番の理由は、この会社の方たちがみなさんとても温かい方ばかりだからなんだろうなと思います。
私もそんな温かみのある人間になれたらいいな、、。
たくさんの人と関われる場所にいるということは、その関わった人数分、多くのことを学べるということ。たくさん関わって、たくさん吸収していきたいです。
最近髪形をかなり変えたので、いろんな方が声をかけてくださるのがとてもうれしい、、!

身に染み付いたこと

この研修してきた2か月半、自分の脳に染み付いたことがあります。
学び、課題を見つけ、挑戦するということ。
何に対しても、何かを学び取ろう、吸収しようとすること。

短期間で一緒に働く人が変わるので、この会社で働いているたくさんの方の働き方を見ることができるんです。お客様とのつながり、効率の良さ、人とのかかわり方。その方たちの働き方を見て、あ、私もやってみよ。と日々挑戦。毎日何か新しい技を身に着けているような感じです。
でももちろん、同じようにできなくて、失敗してもやもやする時だってあります。はじめから全部完璧にできるわけがないのに、できなくて焦ってしまう事もありました。
でも、そういう気持ちを新卒みんなで共有する時間があったり、先輩との終礼でお話をすることで、失敗してもできなくてもそこにまた新しい発見があるということに気付かされました。
また、人を頼ってもいいんだということも。
そういったことに気づくために、自分がもやもやしたことをうまく消化するために、また頑張る!と自分を奮い立たせるために「振り返りをする」ことってすごく大切なんだと思います。
この2か月半、すごいスピードで過ぎていきましたが、振り返るということは欠かさずしてきました。たくさんのことが学ぶことができたのは、新しいことに挑戦し振り返り、また新しい課題を見つけ、次の日また挑戦するというサイクルが自分の中で出来てきたおかげなのかなと思います。

私は何のために?

と、自分のことばかり書いてしまいましたが、、

忘れてはいけないこと。

私はこの会社で、何のために働いているのか。「テンション高めの女子を作る」ために働いています。
この研修では、いろんなチームの方が、お客様や一緒に働く人のために、どんなことをしているのか、私たちには何ができるのかということも学ぶことができました。
仕事を覚えたり、作業をただこなすことに必死になっていると、ついつい目的を見失ってしまいがちです。
商品を梱包するとき、検品をするとき、その誰かのテンションをふわっと上げるという軸をもって仕事をしているときと考えていないときの仕事の進み具合であったり、出来具合が全然違うものになるな、とこの研修で気づかされました。
どんな仕事をする上でも、そのことは大切にしていきたいです。

長くなってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。(固い)
研修のことについて、詳しくは次回の新卒日記で書こうと思います!
それではまた!

Leave a Comment