NEWスタッフ おみ

NEWスタッフ紹介 採用活動

新しい仲間 槌橋澪さん

男っぽいし、女っぽい。おみです

初めまして、おみです!簡単に自己紹介をしていきたいと思います

・1995年6月13日生まれ、O型。

・中学高校と軽音部に所属し、ドラム担当。生徒会も所属していたのもあって人前で喋るのは少し慣れました。

・京都造形芸術大学 情報デザイン学科 イラストレーションコース卒業

・絵を描くことが昔からだいすきで、クレヨンで手を汚しながら紙のうえで自由に遊んでいました。

時々instagramにて更新しています。(良ければみてください…)

・アニメが好き!小さい頃はキューティーハニーF(フラッシュ)をテレビ画面にかじりついて観ていました。ちょっとえっちなやつですね。ハム太郎のような陽気なものから、けいおん! エヴァンゲリオン ルパン三世 うる星やつらなどが特に好きです。

・お洋服愛には大学3年生の時に目覚めました。古着屋さんに行ったり。それまでは全然自分に似合う服とか分からなくて、着回しも苦手で…。

・お洋服は日によって女の子らしくいたい時と男の子っぽいコーデにしたいときがあるので、持ってるものは幅広いかと!最近やっとスカートもちゃんと穿き始めました。

詳細はこのような感じです。

ズバリ!入社する決め手は?

気づけば世間話をしていた

2018年3月、

大学を卒業する直前にここの会社に出逢いました。就職活動は 大学3年の2017年2月から始めていたので早い段階で動いていたものの、なかなかうまく行かず…色々な経験ができたちょっぴり苦しくも楽しい就職活動だったなと本気で思うけれど、それは長くなってしまうので割愛。またいつか話すときがきたらお話しします。

就職活動と卒業制作に挟まれ、サンドイッチ状態。単位も足りていて卒業制作も無事終えたけれどあとは就職後どうしよう…そんなとき、たまたまインスタグラムの広告でここの会社の求人(派遣サイトが運営していた)を見つけたんです。

最初は大学で学んでいたphotoshopやillustratorの技術を活かせれば嬉しいな…と思う程度だったのですが、カモン!ズーティーのページを見たとき、こんなに 面白そうな会社が神戸にあったなんて!!と、気づけばネットからポチッと応募したのを覚えています。

面接に行くとき緊張はしたものの、話し始めるといつの間にか二次面接で浅野さんとお話ししたときはこんなにお喋りしていいんだろうか!?と思うくらい楽しく喋っていました。

今思うと、むしろ会社の皆さんはもっと色々話してほしいし、質問があればなんでも聞いてほしいという感じで…。面接って堅苦しいイメージを持たれる方もいると思いますが、ズーティーでの面接ではむしろ「聞きたいことあったら!何でも聞いて?」と言われます。(笑)

でもそんなふうに自分の働いている場所のことをさらけ出してくれる会社ってないなぁとしみじみ感じたのを覚えています。

 

色々じんわりと感じながら、のびのびと私は成長できるのではないかと感じたことが強いです。

「責任も伴いますが『自分の色を出せる』という自由度の高さは仕事を最高に面白くします。」

その言葉通り自由なぶん、不自由に感じることもちろんあるかもしれないけど、でもそれは自分にとって成長できるし楽しめることだと感じました。場所とそこにいる方々がすごく重要だった気がします。

これからの意気込みをどうぞ!

発見を込めたい

お客様が「こんなふうに着ることもできるのね!」「これってこれとも合わせられるの!?」「こんなふうにアレンジできるの?かわいい!」って発見していただけるようにしたいです。自分の着る服の幅やコーディネートが広がったり、普段着ない色を手に取ってもらったり、そんなふうにお客様の広げられたらなと感じます。

私自身、Webでのお買い物していて、届いた時にコレコレ!って思ったり、ありゃ?なんか違うな…って思うことも実際あります。言葉や写真だけで表現するのは、直接見ていないぶん、その人の感覚だったりとすごく難しいことだったりするのかもしれないけれど、自分がお客様だったらこういうところは伝えて欲しいなとか、そういうふうにお客様の目線で考えて商品と向きあっていきたいです。

就職活動をしている皆さんにひとこと!

まわりはまわり、自分は自分。

就職活動ってワード、なんでこんなに重そうで硬いんだろうとか、しんどそうなイメージがある方も多いとおもいます。就職活動をする身になって色々実感することも苦しく思うことも、同時に色々な人に出逢って変わることもたくさんあると思います。

もし、少しでもズーティーまたは他の企業で気になる場所があれば是非訪れて、お話を聞いてみてください。面接よりも前に、会社のことをたくさん見てください、知ってください。サイトで語られている企業の言葉とは違う、働いている方々の内側が見えます。

会社側も選ぶ立場ではありますが、就職活動中のみなさんも選ぶ立場ではあります。あまり硬く構えすぎず、自分らしく周りのペースは気にせず、学生生活も謳歌しつつ(超大事)「働く場所」というよりは、自分のいきたい世界が、身をおきたい場所はどこなのかを探してみてくださいね。大きな場所でも小さな場所でも、どんな場所でもいいと思います。それぞれで。

おみ

男っぽいし、女っぽいです。 instagram やってます。

Leave a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください