【ズーティーで働く人インタビュー】ECサイト運営 いずみん

働く人インタビュー 採用活動

みんなからは「いずみん」と呼ばれています

interview

泉 まゆ子さん 2006年入社

本当にいろんなつながりと出会い・きっかけがたくさんありました。

もともとデザイン事務所で働いていたのですが、そこは事務所側の事情で辞めることに。PhotoshopやIllustratorが使えるので、それを活かせるような仕事を探しているときに知ったのがECサイトでした。その時に入社した会社では本当にいろんな商材を扱っていて、こんな商売があるんだ、ECって面白いなと感じていました。
でもその会社では志の部分であまり合わなくて、仕事をしながらもずっとモヤモヤ…
そんな時に友達から、ズーティーに転職するという連絡が!
前職でメルマガを担当していたこともあり、書き方を勉強するためにいろんな会社のメルマガを集めて研究していたんです。イーザッカマニアストアーズもその中の一つで、おもしろいメルマガを書いているなぁと前から気になっていたお店でした。
応募枠がまだ空いてるみたいだからおいでよ!と友達からも声をかけられ、すぐにズーティーへの転職を決意しました。

ズーティーでこんなことをしています

採用関係や、イーザッカマニアにどれだけお客様を呼んでこれるか、どうやったら呼べるのかをいろんな人と相談しながら様々な形で決めていくお仕事をしています。
社内での連絡ツールSlackでの自己紹介文は「社内の歴史と楽天のことならなんでも知ってる。」
そんな役割です。
また、社歴が長いので、オーナー浅野さん(経営者たち)が社員のみんなに何を伝えたいのかを翻訳するような役割でもあります。

Q.今まで働いてきて衝撃だった・ビッグな出来事は?

A.たくさんの人と出会ったり、大勢の人の前で話す機会がたくさんありました。

ズーティーで働き始めて、みんなのおかげで海外旅行に行くことができました。
楽天市場のショップ・オブ・ザ・イヤーで賞をとったときに、賞を取ると海外へ研修旅行に行くことができるのですが、それに連れて行ってもらったんです。
その時に何百人もの前でスピーチをさせてもらったり、すごくいい経験をさせてもらいました。
私自身、いろんな会社のいろんな人と知り合う場所に連れて行ってもらうことがすごく好きで、
東京や大阪など、いろんなところに行かせてもらったおかげでたくさんいろんな知り合いができました。
商業高校に授業をしに行ったりもしました。ECとは、何が大事でどういうことをしているのかということなどを授業させてもらったり。
ズーティーを通じて、たくさん社交の場を設けてもらったなと思います。

Q.働くうえで何を大切にしてる?

interview vol6 work

A.みんなが納得できる答えを見つけること

私のストレングスファインダー(※)の一番の強みは調和性なのですが、最初にそれを知ったときはあまりしっくりきていませんでした。

常にみんなが笑顔で笑っている方がいいなと思うので、みんなが納得するやりかた・方法を大事にしたいなとよく思います。みんなが納得できる落としどころはどこだろうとか。仕事をしていてだんだん、いろんな人のいろんな声をうまくまとめていい塩梅に落とし込むのが好きなんだなということに気づいてきました。

私の強みには共感性もあって、人の気持ちがよくわかるんです。運営側がこれを売りたい!とバリバリ動くのに対してお客様対応がものすごく大変だとか、必ずどこかに痛みが伴ってきてしまいます。経営者側・現場側・売る人の立場も気持ちも全部わかる。それもふまえてみんなが納得できる答えを見つけることができたらいいな、と思いますね。さらに、ズーティーが掲げる理念や経営方針を総合的に考えてどうしたらいいのかを考える。

そして、感謝の気持ちを大切にすることも仕事をする上でとても大切にしていることです。

 

 

(※)ストレングスファインダー
自分の資質・強みについて知ることができるツールのこと。
泉さんの強みは 調和性/着想/最上志向/共感性/内省

Q.どんな瞬間にテンションあがる?

A.人の役にたてたとき

人は人のために生きてると思うんです。人の役に立てたなという実感があるときにテンションがあがります。
まず自分の隣にいる人のテンションをさげないようにしたいし、あげていきたい。
隣の人の役に立ったのであれば、さらにどんどん組織全体の役に立てるように。
そしてたとえ微力でも社会全体の役に立てるように。
そのためにも、まず身近な人の役にたてたときによかった、と思います。

Q.ズーティーで働きたい人へメッセージ

interview vol.6

A.一緒に全力疾走したい人にきてほしい

とりあえずやってみよう、なんとかできるんじゃないか!とどんどん全力疾走してる私たちと一緒に走りたい人にどんどん集まってきてほしいです。
外から見るのと中から見るのでは全然違うかもしれません。
外から見ると自由で優雅に仕事をしているように見えるかもしれないのですが、実際の中の人たちは毎日必死に足掻いて全力なんです。
会社の中での自分の居場所は自分でつくっていく。「会社」というもの自体が意思を持って働く人の居場所を作っているのではなくて、「そこに集まる人」の意思によって居場所が作られているんです。
そんな、自分の居場所づくりを一緒に楽しめる人には、ズーティーはものすごくおもしろい場所じゃないかなと思います。

いずみん

髪の毛は一度切るともう伸ばす気力がなくなるって都市伝説は本当なのですね。恐ろしいです。

Leave a Comment