スタッフコラム

《vol.3》今回は本の中身にクローズアップ!スタッフが手がけた表紙やイラストにフォーカスします。

こんにちは!
イーザッカマニアストアーズ、でしです!

第3回目となる今回は、本の中身の制作風景をご紹介。
コーディネート撮影の他にも、スタッフが手がけた部分が多数あるんです!

本の顔。それが「表紙」。

書籍の顔となる大事な大事な表紙。

どうしてもスタッフの手で仕上げたい という強い思いから無理を聞いていただき、当店のジャーナル(※)作成を担当しているスタッフのうちのひとり、「たじりん」が制作にあたりました。

2015/2/9-02

使用する素材はvol.2の記事でお伝えした、撮影のものから選出。
写真や文字の位置を決め、構成を組み立てていきます。

もちろんこれも一筋縄ではいかず・・・!
出版社の方と何度もやりとりを繰り返し、修正に修正を重ねます。

2015/2/10-02

手に取るお客様の第一印象を決める「表紙」。

お客様はもちろん、本屋さんで初めてこの本を手に取り、イーザッカマニアのことを知ってくださる方ももちろん沢山いるはず。

イーザッカマニアらしさが存分に伝わるものにしたい。でも、まだイーザッカマニアを知らない方にも、親しみをもって手にとって頂きたい。

そのためにどのような表紙にしたらいいのか。
微妙な力加減や、着地点を決めるのが難しかったというたじりん。

いつもの私たちらしさを追及した、こだわりの表紙。
手に取った瞬間からお楽しみ頂けると幸いです。

※ジャーナルって?

本の中でも詳しく紹介していますが、いわばイーザッカマニアストアーズの世界を凝縮したタブロイド紙のこと。
毎号ページ作成を手がけるスタッフ達の手で作成されています。

2015/2/9-06
最新号となる20号。2015 SPRING の注目アイテムが盛り沢山に掲載されています!

ページの端々に現れる可愛いイラストたち。実はこれもスタッフのお手製!

賑やかに、けれどちょっぴり控えめに・・・。
写真を際立たせるように可愛くページを飾る文字や小さなイラストたち。
実はこちらもイーザッカマニアスタッフが手がけているんです!

担当したのはwebデザイナー「ひょうどぅ」。
普段はページ制作を担当しているスタッフです。

実は、 家で漢字辞典を眺めるのが趣味、 というほど文字に対して熱い想いをもっているひょうどぅ。

「何しようかなー・・・そうだ漢字辞典を見よう!」

というように、まるで雑誌を見るような感覚で眺めるのだそう。

彼女いわく、「フォルムや字体、全てひっくるめて、なんか、なんか、好きなんです」とのこと。
そうですよね、好きな人のどこが好き?と聞かれたところで、はっきりとした答えなんて出てこないものです。

そんな彼女にこのお仕事はまさに適職!
意気揚々と制作が始まります!

描くのはもちろんパソコンを使って・・・と思いきや、なんとこれが 全て手描き。

ページの上にトレーシングペーパーを重ね、写真と合わせるように描き込んでいきます。

2015/2/10-03

一枚一枚、心を込めてひたすら描く。描き続ける。
もちろんイラストは全てオリジナル。
他のページのものと絵柄が被ってしまわないように、注意を払いながら進めていきます。

「写真を殺さず、より活きるように心を込めて描きました。」と語るひょうどぅ。
描き上がったイラストたちは、まさにひょうどぅの愛の賜物!

見ているだけでなんだかウキウキしてきちゃう、小さな文字やイラストたち。
ぱらぱらページをめくりながら楽しんでください♪

当店スタッフのこともちょっぴり紹介しています。

本の最後ではイーザッカマニアスタッフのこともちょっぴりご紹介。
ほんの一部なのが残念ですが・・・個性溢れるスタッフたちが写真とともに、Q&A方式で思い思いのコメントを寄せています。

スタッフの撮影を担当したのは、webデザイナー「マリ子さん」。
後輩からも先輩からも、呼び方は「マリ子さん」。
「さん」までがあだ名のスタッフなんです(笑)

そんなマリ子さんは、ひょうどぅと同じく、普段は写真の撮影から商品ページ制作まで、幅広くこなすスタッフです。

2015/2/10-04

なんといっても見てほしいポイントはスタッフの生き生きとした姿!
ジャーナルやポストカードなど、イーザッカマニアオリジナルの小物も多数登場しています。

画面の向こう側にいる私達とお客様、その距離を埋めるのはなかなか難しいポイントとなっています。
このスタッフ紹介コラムをきっかけに、スタッフをより身近に、そして私達の温度を感じて頂ければ嬉しいです!

 

こうして着々と中身が完成していきます。

つづく・・・

次回は、制作に加わって頂いた外部の方に焦点をあて、お話を伺っていきたいと思います!

それではまた次回!でし でした(´・ω・`)ノ

ご購入はこちらから:

Leave a Comment